損する場合と得する場合 | 銀行系消費者金融のおまとめローンで複数の債務をひとつに

銀行系消費者金融のおまとめローンで複数の債務をひとつに

損する場合と得する場合

「損する場合と得する場合」のイメージです。

おまとめローンは複数の債務を抱える人に対する救済措置として用意されているため、基本的に該当者には得する内容となっています。
しかし、必ずしも得することばかりというわけではなく、場合によっては大きな損をしてしまう可能性もあります。
そこで、おまとめローンを利用して得するケースと損するケースにどういったものがあるのかをしっかり頭に入れておきましょう。

まず利用して得するケースですが、一番はやはり複数の消費者金融カードローンから借入をしている場合です。
消費者金融カードローンを利用した場合、借入金額が100万円未満の場合は18%の金利となります。
100万円未満での借入となるケースが多いため、ほとんどの人は18%の金利で利用しているはずです。
複数の消費者金融カードローンを利用してもそれは同じで、各消費者金融に対し18%の金利でそれぞれ利用していることになります。
しかし、おまとめローンによって債務をひとつにまとめてしまうことで、金利を14%近くにまで減らすことができます。
金利が低くなるだけではなく、返済総額や毎月の返済額も減るケースがほとんどですので、みなさんの負担は大幅に軽減されるでしょう。

では、おまとめローンの利用によって損してしまうのはどんなケースでしょうか。
まず気をつけたいのがショッピングローンや自動車ローンにおまとめローンを利用してしまう場合です。
これらのローンは元々の金利が低めに設定されているため、おまとめローンによって債務をひとまとめにしてしまうと金利が高くなってしまう可能性があります。
金利が高くなれば、当然みなさんの返済額なども高くなってしまうため、結果的に損してしまうでしょう。
また、金利が低くなったとしても、月々の返済による負担を減らしすぎてしまった場合、完済予定の年月が伸びてしまいます。
返済する期間が伸びてしまえば、いくら金利が低くなったとしてもその分返済する回数が増えるため、最終的に損してしまう可能性が出てしまうのです。

必ずしもおまとめローンによって得するケースばかりではないため、自身の借入状況などをしっかり把握したうえで考えていきましょう。